労働者健康安全機構 熊本産業保健総合支援センター

業務のご案内

お知らせ【平成26年度からの新事業体制及び名称変更について

平素は熊本産業保健総合支援センターをご利用頂き誠にありがとうございます。
平成26年4月から熊本産業保健推進連絡事務所の名称が熊本産業保健総合支援センターへ変更になりました。平成26年4月1日より 「産業保健事業」に加え、併設する「メンタルヘルス対策支援センター事業」、県内7カ所の「地域産業保健センター事業」を統合した新たな事業「産業保健活動総合支援事業」を立ち上げました。なお、上記の3事業統合後のサービスは、こちらをご参照下さい。また、産業保健を支援する事業の在り方に関する検討会報告書については、こちらを参照 してください。

窓口相談、電話・メール相談

産業保健に関する様々の問題について、専門相談員が当センターの窓口または電話などで相談に応じ、解決方法を助言します。尚、平成25年4月より予約制となっておりますので、特に緊急性や専門性を要するものは、 早急に回答できない場合もございます。回答にお時間を頂くケースもあるかとは思いますが、 相談員を中心に問題解決のための最大限の努力をさせていただきますので、予めご了承下さい。

情報の提供

産業保健に関する機器(研修用として)の貸出しを行ないます。(現在図書の貸し出しはおこなっておりません。)

また、産業保健に関する情報を取りまとめた情報誌『産業保健21』を発行しています。 

研修

産業保健に関する専門的かつ実践的な研修を実施します。

また、当センター以外の団体が実施する研修について、教育用機材の貸与、講師の紹介などの支援を行ないます。

調査研究

産業保健活動に役立つ調査研究を実施し、その成果を産業保健活動に反映させます。

講師斡旋

当センターでは事業場・業界団体で実施される労働衛生に関する研修会に、所属相談員を講師として斡旋しております。

広報・啓発

職場における産業保健の重要性を事業主に正しく理解していただくため、事業主セミナーでの説明、ホームページ開設、メールマガジンの発行をするなど広報・啓発を行ないます。

助成金の支給

詳細については、トップページの助成金のアイコンをクリックしてください。