労働者健康福祉機構 熊本産業保健総合支援センター

 お知らせ(新着・更新情報は下のタグからご覧ください

 

更新情報

 

★「職場情報総合サイト」について【厚生労働省】2/24

★「第13次労働災害防止計画」について労働政策審議会が答申【厚生労働省】 2/23

【治療と仕事の両立支援】肺がん医療・疾病啓発のための市民公開講座 2/20

★【治療と仕事の両立支援】「熊本労災病院 市民公開講座」開催 2/20

★【書式・資料・バックナンバー】健康診断の手引き−平成29年度版− 掲載 2/19

★【セミナーの案内】第91回日本産業衛生学会のご案内 2/19

★【セミナーの案内】「メンタル不調者の早期発見・予防のためのコミュニケーションスキル」 2/16

★【行政の動向】「第9次粉じん障害防止総合対策の推進について」【厚生労働省】 2/16

★【行政の動向】「平成30年4月1日から障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わります」【熊本労働局】 2/16

★【行政の動向】「平成30年4月に向けて無期転換ルールに関する取組を強化」【厚生労働省】 2/16

【セミナーの案内】「指導にいかせる「プレゼンテーションデザイン術」セミナーのご案内 2/7

 


健康診断の手引き−平成29年度版−を【書式・資料・バックナンバー】に掲載しました。

 

 健康診断の手引き−平成29年度版− ←クリックしてください。

インフルエンザにご注意!

 熊本県では、12月中旬にインフルエンザ患者報告数が、注意報レベルを超えております。保健所別では八代(定点当たり23.00)、宇城(定点当たり22.67)、菊池(定点当たり19.50)、有明(定点当たり16.63)が注意報レベル(定点当たり10)を超えています。
これから患者数の増加が予想されますので警戒が必要です。一人ひとりが正しい知識を身につけて、手洗い、せきエチケットなどインフルエンザ対策をしっかり実行しましょう。特に、医療機関や高齢者施設、保育所、幼稚園、学校など集団生活の場では、徹底した感染予防に努めてください。
※定点当たりの患者報告数・・・1週間のうち定点医療機関(あらかじめ選定された県内80医療機関) から報告された患者数を定点医療機関数(熊本県は80)で割った値

【熊本県HPより】

各機関での情報は下記からご覧いただけます。

【厚生労働省】新型インフルエンザ対策関連情報ホームページ

【熊本県】インフルエンザ情報

【熊本市】インフルエンザの総合対策について

 

平成29年度から産業保健関係助成金のメニューが拡充されました!

 労働者健康安全機構では、事業者が使用する労働者の健康管理、健康教育その他の健康に関する業務について、事業者及び産業医等の産業保健関係者が行う自主的な産業保健活動を支援することにより労働者の健康の確保に資すること並びに小規模事業場の事業者及び労働者に対する産業保健サービスの提供による労働者の健康確保を図ることを目的とした事業を行っております。その事業の一部として平成27年度より開始された「ストレスチェック助成金」事業を実施しておりましたが、平成29年度から産業保健関係助成金として、従来の「ストレスチェック助成金」に加え「職場環境改善計画助成金」「心の健康づくり計画助成金」「小規模事業場産業医活動助成金」を新設いたしました。

 職場における労働者の健康管理等のために、ぜひご活用ください。

 詳細は右のアイコン「助成金→」からご覧ください。

 

無料でご利用できます!

平成28年度から、従来の「管理監督者向けのメンタルヘルス教育研修」に加え、

新入社員をはじめとした「若年労働者向けのメンタルヘルス教育研修」が新たにスタートしております。管理監督者対象と同様に年1回無料でご利用できますので、メンタルヘルス対策を例えば春に「若年労働者向け」、秋に「管理監督者向け」研修を計画すれば年に2回無料でご利用することが可能になります。

また、メンタルヘルス対策個別支援では、専門の促進員が無料で事業場まで伺いメンタルヘルス対策の体制づくり(心の健康づくり計画や就業規則、職場復帰プログラム作成、ストレスチェック導入など)のお手伝いを致します。詳細は右のアイコンの「メンタルヘルス対策支援事業」をクリックしてください。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  平成28年熊本地震関連情報

 情報については、右記のリンクをご覧ください ⇒  【平成28年熊本地震関連情報ページ】

更新情報

 

過去の情報はこちら