労働者健康安全機構 熊本産業保健総合支援センター

 

 

    治療仕事両立支援とは …   

 

 

近年、治療と仕事の両立支援」の言葉をよく目にするようになりました。「働き方改革」でもテーマにあがり、「健康経営」を目指すには不可欠な内容です。「治療と仕事の両立支援」とは、病気を抱えながらも、働く意欲・能力のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく、また、治療の必要性を理由として職業生活の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら生き生きと働き続けられる社会を目指す取り組みです。 労働者ががんや脳卒中などの病気を理由として安易に退職を決めてしまわないよう 、事業者側にも、日頃から病気に関する理解の促進や、労働者との良好なコミュニケーション等体制づくりが求められています。

 

 

      イラスト

 

 

 

★両立支援啓発動画(本編再生、ダイジェスト版再生、ガイドラインの解説再生、ガイドラインの解説データ

 

 


  

 

  

 


 

 ★トピックス

 

「治療と仕事の両立支援相談窓口」設置に伴う協定の締結について

 

「会長島耕作×労働者健康安全機構」特別漫画掲載

★「両立支援コーディネーター基礎研修会」について

☆「治療と仕事の両立支援」について朝日新聞(南九州版)に記事が掲載されました。

★「治療と仕事の両立支援」ポータルサイトが公開されました

★治療と仕事の両立支援に関するガイドラインの新たな参考資料が公表されました

 


 

★ 相談窓口 両立支援に関する相談窓口を開設しております。

 

 

熊本産業保健総合支援センター[熊本市中央区花畑町9番24号 住友生命熊本ビル3階]

 

 開設日・時間 電話等によりお問い合わせください。

 電話 096−353−5480

 

 ・熊本労災病院[八代市竹原町1670 熊本労災病院 1階 地域医療連携室]

 開設日・時間  平日 8:15〜12:15 (都合により変更することもあります)

 電話 0965−22−4151

 (HP)

 (チラシ:PDF

 

 

・国保水俣市立総合医療センター[水俣市天神町1丁目2−1 地域医療支援室・治療と仕事の両立支援室]

 開設日・時間  随時

 電話 0966−63−2101(内線187)

 (HP)