去る3月22日ファイテン(株)プロケアチーム所属で柔道整復師である知野亨先生にTHP単位研修会を開催しました。(於:労働基準協会熊本県支部会議室、参加者62名。) 知野先生は、早稲田大学競走部(駅伝部)のトレーニングコーチも務められ、ランナー向け著書「ケガをしにくいランニング:辰巳出版」」も出されています。 この研修は毎年、健診機関の指導者や企業の健康管理担当者30名程度で実施しており...[続きを読む]

公衆衛生学セミナー開催のご案内

セミナーのご案内
2019-04-16
2017年8月より、熊本県内の公衆衛生学領域で活躍されているメディカルスタッフなど多職種が、 知見と調査・研究の交換・共有する場として、公衆衛生学セミナーがスタートしました。    2017年は、第1回シリーズとして、 第1回 8月7日 疫学入門  加藤 貴彦 ...[続きを読む]
 ~ 伐木作業等を行うすべての業種が対象 ~     厚生労働省では、伐木作業等における労働災害を防止するために、労働安全衛生規則の一部を改正し、伐木作業等における安全対策を強化されました。 林業、土木工事業や造園工事業など、業種にかかわらず、伐木作業等を行うすべての業種が対象となります。     ...[続きを読む]
  ~平成31年度のスローガンを決定。事業者が労働者の協力の下に実施するPDCAの確立などを呼びかけ~    平成31年度 全国安全週間について(労働衛生の視点でみると・・) 職場における安全衛生管理活動は、「安全」と「衛生」を一体として捉えることで、より効果を発揮する場合が多くみられます。 例えば、転倒災害防止については労働者本人...[続きを読む]
 平成26年4月15日付け基安発0415第3号により「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全教育実施要領」(以下「実施要領」という。)を示されていますが、今般、「機能安全による機械等に係る安全確保に関する技術上の指針」(平成28年厚生労働省告示第353号)の規程を踏まえ、教育用の標準テキスト等が開発されたことから、機能安全を含む機械等の設計等を行う者に対する教育カリキュラムを追加するため、...[続きを読む]
産業保健総合支援センターの取り組みについて紹介動画を作成いたしました。 産業保健総合支援センターを「のんさん」が紹介します! 下記から動画を視聴することができます。   案業保健活動 総合支援事業編   産業保健総合支援センター編   地域産業保健センター編   メンタルヘルス対策支援事業編 ...[続きを読む]
お役立ち情報の研修会のご案内に「平成31年度産業保健研修会」を掲載いたしました。  
お役立ち情報-メンタルヘルス関係情報-リーフレット、各種参考資料等に「Selfcare こころの健康気づきのヒント集」、「Relax 職場における心の健康づくり」、「Return 改訂・心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」、「職場復帰支援プログラムとは」、「職場における災害時のこころのケアマニュアル」などの最新版を更新しました。 【労働者健康安全機構】  ・職場復帰...[続きを読む]
当センターとの共催で下記のとおりセミナーを開催いたします。   日時:4月17日(水) 17:30~19:30 場所:熊本市流通情報会館2F 多目的ルーム(熊本市南区流通団地1-24) 講師:熊本産業保健総合支援センター 副所長 土山 洋之 受講料:無料 主催:熊本市・公益社団法人熊本法人会・熊本流通団地防犯協会・熊本流通団地(協)・熊本産業保健総合支援センタ...[続きを読む]
 本手引きは、労働安全衛生法第104条第3項及びじん肺法第35条の3第3項に基づき公表した「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」(平成30年9月7日 労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱い指針公示第1号)に基づき、事業者が策定すべき取扱規程について解説するものです。  事業者は、健康情報等の適正な取扱いのために、労...[続きを読む]
ページ上部へ